神奈川・湘南地域のポスティング・チラシ配布は湘南クリーンサイクルへ

代表挨拶

この度は、弊社のホームページをご覧になって頂き有難う御座います。
弊社は、まだリッツカールトンやウォルトディズニーのような素晴らしい会社では御座いません。

しかし、これから5年後、10年後、30年後、必ず魅力的な会社になることを目標にしております。
クライアント様と、想いを持って仕事に取り組んでいる方々と共に成長したい!!と考えております。
弊社を「共に成長する仲間」にさせて頂ければ幸いです。

さて、既に当初からのお取引先様はご存知かもしれませんが、最終的に弊社が何の為に存在しているかと申しますと

一、ポスティング業界のイメージを変える

一、街の皆様の役に立つ広告媒体を創る

一、従業員が一生やり続けたいと思う仕事を共に見つけ、協力を行う

一、地域の子供達に対し本当の自立教育を行い社会に役立つ人材へ育てる

弊社は、上記に示したことを達成する為に存在します。各お取引先様には、その地域未来の為にご協力を頂きたくお願い申し上げます。

 

「ポスティング業界のイメージを変える」

ポスティング事業の業者様には失礼かもしれませんが、この業界は適当な業界です。おそらく、お取引先様もそう感じています。
だからこそ、ポスティング事業のイメージを変えることはこの業界にとって、最優先なのかもしれません。
そうすれば、お取引様が「安く」ではなく「質」を考える価値観に変化していくと、私は確信しています。

 

「街の皆様の役に立つ広告媒体を創る」

昨今、インターネットの普及により人間関係が希薄になってきております。地域の方々がもっと親密になり、さらに経済的にもお役に立てるビジネスモデルを創ります。


「従業員が一生やり続けたいと思う仕事を共に見つけ、協力を行う」

私自身にも言えることですが、将来家族を築いていくには経済的な面も大切ですし、家族と共にいる時間や仲間といる時間も大切です。
仕事とは、それを叶える為の手段であり、人がやりたくないことをおこなったり、人の役に立ち必要とされる仕事をこなし地域の人から「ありがとう」と沢山いわれることで好きな仕事へと変化していくと考えています。そうすれば、将来経済的な面でも時間的な面でも可能性を広げてあげられます。


「地域の子供達に対し本当の自立教育を行い社会に役立つ人材へ育てる」

今、日本は沢山の問題を抱えていますが、少子化問題と教育問題は最重要事項だと考えています。私自身弊社を設立する前、教育業界で7年程度勤務させていただきました。そこで、教育の奥深さを学べたことが、今の会社の発展の理由であり、弊社にとって最も「運」が良かったことだと感じます。
また、ポスティング経験のない自分がついでにスタートしたポスティング業界でしたが、初めの頃からお取引をして頂いた方々に、指導を頂きながら成長させて頂いたことに感謝しております。


代表取締役 社長 鈴木雄二


沿革

さて、弊社のスタート平成20年6月に個人事業としてリサイクル事業を先に発足致しました。そして、その3か月後にはポスティング事業を開始。
ポスティング事業を始めたきっかけは、弊社のリサイクル事業告知の為、自分自身で足を使いチラシの配布を始めた事がきっかけでした。
しかし、初めは1時間で200枚前後しか配布を行うことができず、コストパフォーマンスの悪さに、何とかならないか考えました。
その時、ポストの中にはあるピザ屋さんのチラシが投函されていて、「一緒に配布してお互いにチラシ配布のコストを削減できないか」ということを考えました。
更に、そのピザ屋さんのチラシが配布のしやすいご家庭にはしっかり投函されていたが、配布困難なご家庭には一切投函されていなかったのです。「自分が配れば絶対ちゃんと配るのに」というのが、このポスティング事業を始めるきっかけでした。
そして、早速当時住んでいた藤沢地区からリサーチを行いました。結果は3カ月後に明らかになりました。半年後には、お取引先様からのご紹介のお陰様で10万部達成し、一人では配布ができない枚数になりましたが、知人などの協力により他社様より結果を残せました。
しかし、自分が配布を行えば結果がでるのは当たり前です。
月間配布枚数が25万部を超えると求人媒体に頼りスタッフを採用しました。しかし、正直一般的な求人媒体ですと、良い人材が集まることは少なく、アルバイトの面接だとしても、2時間以上かけることが普通でした。
その採用したスタッフ達に、しっかりチラシの配布を1枚1枚確実に行ってもらうために、「1人1人の能力を引き出す教育」をすることを、日々考えました。
そして、スタッフが成長することに喜びを感じると同時に業績も上がり、4年で月間配布枚数が100万部を超えることができました。

良いポスティング業者選びのポイント

ここで、よいポスティング業者の選び方として、一日の最大チラシの配布枚数が重要になります。
例えば、主婦の方を採用し5時間労働。1時間平均で150枚配布したとすると、下記のようになります。

1時間に120枚配布 ∴5時間×120=600枚。

10人の場合  
10人×600枚=6000枚です。
さて、ここでご質問です。色々な求人媒体を利用して一つの地区から本当に10人以上もご応募がありますか。仮に、10人応募があったとして、10人だれでも採用するでしょうか。
しかも、申し上げにくいのですが、主婦の方の場合会社の忙しい忙しくないではなく、子供都合の仕事内容になります。ですから、子供が熱を出したりすればおやすみします。
ですから、つまり、主婦の方を100人登録で集めて事実上出動が40人だとしても一日24000枚が最大配布枚数でしょう。

配布戦略×人材(個々能力×人数)×チーム雰囲気=最大配布枚数

これ以上は、企業秘密になるのでお伝えできませんが、重要なことはそのスタッフ1人1人が、その会社の将来を考えてくれていますか。アルバイトスタッフは採用したら離職していませんか。

チラシ配布は、楽な仕事ではありません。その大変な仕事を安価な時給でやらせて本当に続きますか。きっと3か月経てば、結果は見えてくるでしょう。

つまり、真剣にスタッフ1人1人のことを考えなければ、しっかりした配布は不可能でしょう。

最近、スタッフも増え仕事以外の日も一緒に勉強をしたり、ゲームをしたり、スポーツをしたり、バーベキューをしたり、スタッフみんなのおかげで家族のように毎日楽しく充実した生活を送っております。
これは、一入に皆様のご依頼があってのお蔭だと従業員一同心から御礼申し上げます。

その、ご恩は「言葉」ではなく「結果」でお返しできるよう、スタッフ教育に1ミリの妥協をせず、指導してまいります。